口コミ評判は嘘! FX約定力比較~安心優良業者/悪徳追証業者


損失額:

4,284,615 円 (対象口座 4社合計) — 理論損失額 1,167,482 円の3.7倍

Graph_AmountLossSameSLこの記事では、4業者同条件の取引注文にもかかわらず、なぜ FX トレード・フィナンシャルさん一社だけがここまで突き抜けた損失を出したのかを解説していきます。

おことわり:  この記事での日本円換算のドル円レートの基準は、スイスフラン暴騰が起きた2015年1月15日 18時30分の安値である 1 ドル117.177円  としています。

USDJPY_201501151830_masked

原因:

各社の真の約定力と顧客保護に対する姿勢の差

結論:

  1. FX 業者の約定力と顧客保護視点の有無が生死の分かれ目です。適当な理由で顧客を殺しにくる危険な業者との取引は避けましょう。
  2. 追証制はハイリスクです。日本国内ではゼロカット制の業者はありませんので、信頼できる業者さんを見つけることに集中しましょう。又、ゼロカット制の海外業者であれば、最悪の事態でも証拠金全損だけで済みます。
  3. 高評価を並べる紹介サイトや、良い評判ばかりの口コミサイトは全てアフィリエイト報酬目的のヨイショ記事だと心得ましょう。[口座開設はここから]などのリンクがあるサイトが悪い評判を載せるはずはありません。

検証条件:

この記事では、公平性をきすために、各社口座上で同じ自動売買プログラム(以下 EA)が稼働し、同じストップロス注文(ユーロ/スイスフラン 1.19000)が設定されていた以下の業者さんの該当取引だけの損失を比較していきます。又、スイスフラン暴騰以降に EA が新たに建てて出したポジションの損失は除外しています。

  • FX トレード・フィナンシャル さん (国内。以下 FXTF)
  • フォレックス・ドットコム さん (国内。以下 forex.com)
  • トリプルエーエフエックス さん (海外。以下 AAAFx)
  • エックスエム さん (海外。以下 XM)

FXDD さんも FXTF さん程ではないにせよ危険な業者なのですが、FXDD さんでの損失は上記業者さんとは別の EA を稼働していて出たもので、この記事では扱いません。別記事、 FXDD ― FX 業界屈指の詐欺業者 ~ ゼロカット反故/約定改竄/証拠金泥棒 をご覧ください。

説明:

下の表は各社さんの実績を纏めて計算したものです。この表自体及び根拠とするデータは資料として記事末尾に全て置いてありますので、この記事では表を元に説明していきます。(表の業者名では XM さんが XE になってしまっていますが御了承下さい)

Result_1.19000SL

1. 各社の約定力の違い

Graph_Availability

Graph_LossPercentage

FXTF さん1社だけで、実に損失額全体の 8 割を占めています。なぜこのようなことが起こるのでしょうか。

03.LossPercentage

約定時刻を見てみましょう。

04.ProcessedTime

FXTF さんの約定時刻は全てのポジションで 18:43:07 となっています。一方、forex.com さんと XM さんの 2社が僅差でほぼ同時刻となっていますので、スイスフランが暴騰し始めて ユーロ/スイスフラン のレートがストップロスの 1.19000 に到達する事象が発生したのは 18:30:50 前後であろうことが読み取れます。

FXTF さんはそれより約 13 分遅れて約定、つまりその間は完全に取引が停止していたのです。そして取引再開時のレートで決済されたことにより、ストップロスオーダーから実に 2175.9 ピップス低いレートで約定し、莫大な損失を出したのです。ストップロスに設定したレートと実際の約定レートが異なることは「スリップ」とか「滑る」と表現されます。では、各社のスリップ状況を見てみましょう。

05.SlippedResult

若干の差はありますが、FXTF さん以外は飛び抜けたスリップがありません。これが FX 業者の本当の能力、「約定力」なのです。

業者はよく「約定率 99%」などと詐欺的に謳いますが、実力が試される場面ではまやかしが効かず、見事なまでに化けの皮が剥がれるのです。

AAAFx さんは少し事情が異なりますので、次の項で説明します。

2. 各社の顧客保護に対する姿勢

再び各社の約定時刻とスリップの実績を見てみましょう。

06.ProcessedTimeAAAFx

07.SlippedResultAAAfx

FXTF さんの状況は先に説明した通りです。forex.com さんと XM さんは元々ストップロスオーダーがきっちり発動しており、問題ありません。AAAFx さんだけ少し状況が違うようです。

AAAFx さんの約定時間は forex.com さん XM さんと比較して約 48分遅いのです。その間取引は止まっていました。にもかかわらず、FXTF さんのようなことにはならないどころか、全くスリップは発生していません。これは一体どういうことでしょうか。

ここで、AAAFx さんの取引実績を見てみましょう。

AAAFx_masked

他社さんは全てのポジションが同時に約定されています。しかし AAAFx さんだけはポジションごとの約定時間が異なります。

48分という長い取引停止時間とポジション毎の時間差約定、スリップなしという 3点から考えますと、「AAAFx さんは意図的に取引を停止し、顧客のオーダー通りに約定させる予約処理をして保護措置を執った上で改めて取引を再開した」のではないかと考えます。

これは私の推測にすぎませんので、実際のところはわかりません。ただ一つ確実に言える事は、「取引が長時間止まりはしたが、AAAFx さんでは予定外の損失を被っていない」ということです。

業者が顧客を保護する視点を持っているのか、それとも約款に物を言わせて金だけ取れれば良いと考えているのか。今回のような事件があると透けて見えてきますね。

3. 追証の恐怖

国内業者である FXTF さんと forex.com さんは追証制です。今回、forex.com さんはほぼストップロスオーダー通りに約定し、損失は予定内に収まりました。

問題は FXTF さんの口座です。

08.FXTFMargin

オーダーからかけ離れたレートでロスカットされてしまい、3,390,377 円の損失が発生。預け入れている証拠金 1,814,675 円は全損、更に 1,575,702 円が不足し口座残高がマイナス額になってしまったので、その分を入金せよということです。入金するまであの手この手で催促が来ますし、延滞利息も付きます。

FXTF さんと forex.com さん。国内業者の間でも、約定力の差がこれだけの損失額の差を生むのです。

一方、海外の業者さんはほとんどがゼロカット制を採用していますので、口座残高がマイナスになってしまっても問題ありません。(…なのですが、今回の件で怪しくなった業者さんがあります。別記事、FXDD ― FX 業界屈指の詐欺業者 ~ ゼロカット反故/約定改竄/証拠金泥棒 をご覧ください。)

4. もしストップロスオーダーが機能していたら

もしストップロスオーダーがきっちり 1.19000 で約定していたらどうだったのでしょうか?  (注: FXTF さんはフラン暴騰分ピップ単価が高くなり計算に使えない為、以下表では FXTF さんに限り forex.com さんのピップ単価で計算しています)

09.WhatIfOrderPreciselyApplied

ストップロスオーダーが効いていれば、FXTF さんでの損失は 266,040 円程度で、建値が高いポジションをより多く持っていた forex.com さんより少額で済んでいたはずなのです。それが予定損失の約 13 倍、3,375,879 円に膨らんでしまったのです。

もう一度グラフを見てみましょう。

Graph_Availability

約定力一つの差で、証拠金を全額失うばかりか多額の追証という負債まで抱え、更には取り立ての恐怖を味わうことになるわけですから、本当に恐ろしいことですね。

5. FX トレード・フィナンシャル (FXTF) さんとのやり取り

要旨は以下の通りです。

Q1. 本件が解決するまでの追証入金期限の凍結
A1. 認めない。直ちに入金せよ。

Q2. ストップロスオーダーの滑りを容認できる範囲へ修正した状態への証拠金の回復
A2. 行わない。直ちに入金せよ。

Q3. ストップロスオーダー値に対し 2,176pips も離れた約定価格は、合理的な範囲を明らかに逸脱している
A3. 流動性の枯渇によりレート配信が止まった為で、問題無い。

Q4. 御社のロスカット処理は本来の発動時刻より13分も遅れて執行されている
A4. 流動性の枯渇によりレート配信が止まった為で、問題ない。

Q5. 他社数社では1分以内にストップロスオーダー値付近での約定がされている
A5. (回答せず)

Q6. 49分間停止していた別の他社は、ストップロスオーダー値そのものでの約定処理を執行した上でシステムが再開されている
A6. (回答せず)

Q7. 詳細な情報の開示もなくただ「流動性の低下により13分間レートの配信が止まった為で問題ない」との御社の見解は、上記 Q4. 及び Q5. よりシステム整備義務を果たしているとは思えず、又、Q6. の他社のような顧客保護を行うでもなく、私共へ一方的に 3,381,232 円の多大な不利益を被せようとするものではないか。
A7. レート配信が13分間止まったからであり問題ないとの見解に変わりは無い。直ちに入金せよ。尚、遅れた日数分延滞利息が掛かる。

5. 皆様から頂いた情報の御紹介

何の情報提供もせず、自社の脆弱なシステムも棚に上げて「レート配信が止まったのだから問題ない。すぐ払え。さもなくば割り増しだ」と迫る業者さんもいる一方で、堅牢なシステムでレートを配信し続け、後日には下のリンクのようなこと細かなレポートを公開してくれる業者さんもいる…本当に千差万別ですね。

スイスレポート3|SBI FXTRADE (suisureport3.html)

今回、まともな説明もなしに適当なレートで約定させた業者に対して、一企業としてできる範囲の最大限の表現で批判されておられますね。

スイスレポート9|SBI FX TRADE (suisureport9.html)

確かに、今回の FX トレードフィナンシャル さんのようにいい加減なことをされてしまっては、顧客側では損失額を予め確定できず、理論上は損失無限大です。現に27万のはずの損失が340万に化けたわけですから、リスク管理もなにもあったものではありません。

2015/1/31 追加:

YJFX さんで本記事と同様な損失を被ったという情報を数多く頂きました。法的手段も視野に入れて同志を募っておられますぷり様の御連絡先を、YJFX さん関連の別記事 YJFX さんは優秀な両替商 の冒頭に紹介致しましたので、YJFX さんで損失を受けられた方は相談されてみてはいかがでしょうか。

2015/5/7 追加:

ライブスター証券FXさんから5,000万円もの追証支払を求める裁判を起こされた方から御連絡を頂きました。どの悪徳業者も自社の落ち度は完全に棚に上げてまあ酷いものですね。以下にブログを紹介させて頂くと共に、御武運をお祈り申し上げます。

FX★スイスショックでロスカット!追証5000万円払えずライブスター証券FX業者に裁判所へ訴えられた男の、婚約解消→敗訴→破産→自殺までの裁判実況&スイスフランショック情報共有ブログ★大損

6. 資料

これまでの検証で使用した表、その数字の根拠となっている各社 MT4 のスクリーンショットとスクリーン写真を置いておきます。

表: CHF_Shock.zip

スクリーンショット/スクリーン写真:

FXTF さん取引履歴と口座残高:

 FXTF_maskedFXTF_amount_maskedFXTF_ScrPic

追証支払後

FXTF_OishoPaid_maskedFXTF_OishoPaidAmount_masked

forex.com さん取引履歴と口座残高:

forexcom_maskedforexcom_amount_maskedforex_ScrPic

AAAFx さん取引履歴と口座残高:

AAAFx_maskedAAAFx_Amount_maskedAAA_ScrPic

XM さん取引履歴と口座残高:

XM_maskedXM_Amount_maskedXM_ScrPic


「口コミ評判は嘘! FX約定力比較~安心優良業者/悪徳追証業者」への22件のフィードバック

  1. 勉強になりました。
    私はDMMで被害を受けましたが、同じような状況ですね。
    お互い大変な状態ですが、なんとか光明を見出していきましょう。

    1. 幸福賢者さん

      ブログ拝見させて頂きました。文章御上手ですね。思わず見入ってしまいました。

      そうですね、幸福賢者さんがブログで仰っているように私も見通しが甘かったですね。
      防衛ラインが決壊した際に 300 pips 程度のスリップは予測しておりましたが、
      現実は 2000 pips 超で追証まで喰らうとは…想定を遥かに超える現実ですね。
      昔流行ったマーフィーの法則を思い出しました。

      しかし、今回の件で各業者の有事の約定力の差と顧客への対応の差がはっきりとしました。
      それだけでもまだ得るものがありましたね。

      ブログを立ち上げることで次に来る有事の被害者を少しでも減らせたら嬉しいのですが。
      近年は○○年に一度だの言われる事件がやたらと高頻度で起こりますからねえ…。
      その時、今回のダメ業者はまた同じように顧客に大打撃を与えて、
      また同じように追証を取り立てるのでしょう。

  2. 非常にわかりやすい記事ありがとうございます。
    私も「約定力の差」によりyjfxから2500pipsやられました。
    その後、FXTFさんとどのようなやり取りをされてますか?
    法的手段など検討されているようでしたら情報交換させて頂ければ幸いです。

    1. ぷりさん

      やられてしまいましたか…。
      金はとられるわ精神は削られるわで、お互いダメ業者と関わってしまったことに後悔するばかりですね。

      さて、御質問頂いた件ですが、
      記事本文の通り、一切聞く耳持たずで時間ばかりを費やされた上に
      更に延滞利息をちらつかせて来たあたりで、これは脅しの段階に入ったなと判断し
      とりあえず支払いはしました。
      御近所や会社に嫌がらせをされても困りますので…。

      家庭のことなどもあり、中々表立っての行動は難しく
      現在の所は法的手段等の具体的な検討はしておりませんが、
      ぷりさんのお役に立てるようなことが御座いましたら
      私に可能な範囲での協力は致します。

      1. ご返信ありがとうございます。
        そうですか…やはり家庭を持たれているとなかなか難しいものなのですね。

        私はできる限りの時間と労力を使って戦っていきたいと思います。
        もし可能であれば、私のアドレスを公開させて頂いてよろしいでしょうか。
        訴訟を起こすにも人数がいた方が良いので、
        掲示板などで募っているところです。

        勝手なお願いで恐縮ですが、ご検討頂ければ幸いです。

  3. 大変わかりやすくまとまったブログですね。
    こちらのブログを見て今後少しでも最悪な業者で取り引きされている方が資金を引き上げるきっかけになるといいですね。

    私もYJFXでストップが滑りまくって2500pips弱やられました。

    他の口座でも取扱のある通貨ペアだったのに、運悪く…
    本当に業者が違うだけで人生の明暗がわかれてしまうなんてことがあってよいのかと思ってしまいます。

    私も家族には全く理解がないので、いくら説明しても今回の事態を理解するのは無理だと思います。
    知られたら終わりだと思い、裁判などにはできない感じですし、納得できないながらも入金してしまいました。

    ところで、こちらのブログを、追証、スイスフラン、で検索したときに上位にくるようにタグなどを入れていただくことは可能でしょうか?
    せっかくよくまとまったブログなのでたくさんの方に見てもらえたらなと思いましたので…無理なお願いでしたら無視して下さい。
    よろしくお願い致します。

    1. スイスフランさん

      御連絡ありがとう御座います。
      私は FXTF さんにやられましたが、YJFX さんに莫大な損失を被せられた方も結構いらっしゃるようですね。
      結局、私やスイスフランさんのような表に立つのは難しい身の上こそが、ダメ業者大好物のカモなのでしょうね。

      さて、私も YJFX さんの口座は持っておりますが、幸い通常の取引はしていなかったため
      二発の追証喰らって人生終了コースだけは逃れました。
      近いうちに YJFX さんについても何らかの記事に纏めようと思っております。

      タグは一応色々なワードで入れてはありまして、他にも SEO 対策等行ってはいるのですが
      なにぶん、ブログを書くということ自体が初めてのことでして、使いこなすまでには残念ながら至っておりません。
      しかしながら、ブログ業者を利用していませんので、広告主やスポンサーのしがらみに縛られない運用ができますし
      仮にサーバを追い出されてしまうようなことがあってもすぐに別のサーバで再開できますから、
      細く長く続けていく所存です。

      ちなみに、このブログは WordPress というブログシステムで稼動していますので、
      アドバイス等頂けたら幸いです。

  4. おいしょまん様
    とても勉強になります。
    私もライブスターで追証5000万円を訴えられて困っております。
    誠に勝手なお願いではございますが、forex.com、 AAAFx、 XMの、ユーロスイス約定履歴を裁判の証拠書類として使用させて頂けないでしょうか?
    もちろん裁判所提出以外の使用は絶対にいたしません。
    大したお礼はできませんが、もし裁判で追証の債務不存在が認められた場合に、全ての裁判資料コピーをおいしょまん様へお送りいたします。
    さすれば、おいしょまん様のFXTFの追証も取り返しやすくなるのではないかと思います。
    誠に勝手なお願いではございますが、ご検討よろしくお願いします。

    1. 追証5000万円訴えられた男様

      大変な目に合われていますね…御心中お察し致します。
      私共のブログは主に、悪徳FX業者の手口を証拠と共に広く世に紹介するものですので
      置いてある資料が何がしかのお役に立てるのでしたら、如何様にお使い頂いても構いません。

      勝手ながら、当記事の「皆様から頂いた情報の御紹介」の項でブログを紹介させて頂きました。
      御都合が宜しくないようでしたら御連絡ください。

  5. 最近指標時やチャイナショックの暴落時は10秒後にレート配信してるかのようなソフトの処理のクソ重さ
    当然レートが現在と違うものなのですべての注文がはじかれまくってます
    他のブラウザや動画・音楽ソフト、他にもYOUTUBEなんか流してもサクサク動いてるのにFXTFの高速FXだけボタンをクリックしても10-20秒後に動き出す始末
    それを通信環境がとか言っちゃうクソ業者です

    批判が長くなりましたが、たしかどこかの裁判所でも10秒違ったらそれは本来の取り引きレートではないので無効ということで被害者が勝訴という判決があったと思います
    株かFXかは覚えてませんが
    遅いかもしれませんが、ぜひクソ業者にぶち込み入れてやってください

    1. FXTFはクソ様

      昨晩はここ数年見なかった久々に強烈な円の急騰でしたね。
      忘れかけていた、毎日数円普通に動いていた時代を思い出しました。

      相変わらず FXトレード・フィナンシャルさんは、ちょっと大きくレートが動くと即使えなくなるのですね。
      これではまたスイスフランショックの時と同じように、レートをワープさせての逆指値全キャンセル技で
      客を皆殺しにしていても不思議ではないですね。

      今回は円が関係していますから、スイスフランの時とは比較にならない人数が取引していたはず。
      日本人に人気のある豪ドル/円も15分で500pips動きましたから、死人が出ていないことを祈ります…
      けれど現実はそんな祈りも空しく、FXTF さんは今朝から追証取り立ての電話を掛けまくるのに大忙しなのでしょうね。残念ながら多分。
      「逆指値が効かないのは流動性が枯渇したからで弊社に問題はない。すぐに不足金を支払え。さもなくば延滞料の上乗せだ」
      …ああ…今回は何人の方が追い詰められるのでしょうか…。

  6. 日本のFX業者は公然と呑み屋さんをやって、おまけにストップ保障も無しに顧客に請求するのか!安全だと思い込んでる方々にこちらの記事見ていただきたいです。詳細に検証いただき本当にありがとうございます。

    1. アパッチ様

      損失の上限は無限大で、顧客に損失を限定する手段はない。損切注文なんてただのお飾り。
      業者のシステムが停電や地震で発生した損失は勿論、故意にシステムを止めた場合であっても
      全てが全て顧客の責任になり、業者は一片の責任も負わないというところが恐ろしいですね。

      被害者が増えませんように…。

  7. おいしょまん様
    返信ありがとうございます。
    自身のブログでAAAFxを紹介しています。
    もし可能であれば、こちらの記事のURLを私のブログで紹介したいのですが・・・。
    よろしくお願いします。

    1. アパッチ様

      御丁寧に御連絡ありがとうございます。
      私共のブログでしたら、断りを入れずとも利用して戴いて構いませんよ。

      AAAFx さんのスイスショックの対応は称賛されるべきものでしたね。
      後はスプレッドの広さと鬼スワップがなんとかなれば尚良いのですが、海外業者ではそこは無理ですかね。
      逆に考えれば、普段スプやスワポで利益をしっかりとっているからこそ、
      いざというときにあの神対応で顧客を完全保護する行動を執れたのかもしれませんね。

      アパッチ様は、為替取引で利益を上げるよりキャッシュバックで利益を上げることに着目して特化した自動売買をされておられるようで、これは面白い着眼点ですね。常にポジポジしているあたり、ポジポジ病の禁断症状を抑える効果もありそうです。

      AAAFx さんの口座は私も CashBackForex さん経由で開いていまして、
      キャッシュバックをそのまま欧州の Warrior VPS の利用料支払に充てて自転車しています。
      ドル受取のドル支払だと為替レートに左右されなくていいですね。

  8. おいしょまん様

    コメントありがとうございます。

    早速、ブログで紹介記事を書いてみようと思います。

    キャッシュバックEAはIBで稼ぐ事を目的としたロジックで
    小額でもトレードできるようにあれでもかなり取引き数は抑えています^^
    ポジポジ病には特効薬かもしれません^^

    キャッシュバックを支払う限りは原資がハッキリしていないと約定では滑りまくります。
    FXCMは大手ですがスリッページはAAAFxのスプレッド以上に滑りますね。

    優秀だったのはThinkForexですが今年初めに日本人が締め出されたので利用できなくなりました。

    世界ではゼロカットが常識なのにストップにかからず追証を求めて更にそれを認め、トラブルの無い海外業者を締め出している金融庁の姿勢も疑問です。

    日本にいると見えないですが、現在は金融鎖国状態だと思っています。

    ドルを保有する意識の無い日本人に外貨を稼ぐ手段となれば良いな~と思いキャッシュバックEAのブログを書くことにしました。

    ロジックを隠蔽するためにズールトレードを利用し、
    ズールトレードを利用する為にAAAFxといった感じでAAAFxに決めました。

    AAAFxのサポートにかなりの質問をしてみましたが、おいしょまん様の記事にあるように良心的な姿勢が見えます。

    AAAFxの評価検索でおいしょまん様の記事を見つけました。

    非常にありがたく紹介させていただきます。
    ありがとうございます。

  9. おいしょまん 様

    ご返信感謝です。
    また、いつも貴重な記事の数々、本当にありがとうございます。

    >私は自爆人柱道ですが、お互い頑張っていきましょう。

    あははwありがとうございます。面白いですね!人柱道!
    仲間(?)がいると分かれば、
    当方も頑張り甲斐がありそうです(笑)

    1. B2様

      ありがとうございます。
      お互い、普段はなかなか表には出てこない
      「それ、そこが知りたかったんだよ!」というネタを提供するべく頑張りましょう!

  10. はじめまして。

    めっちゃ濃い内容で勉強になりました。

    この業者の悪い噂は以前から聞いていましたが、こんな背景があったんですね。

    FXTFは日本の業者でMT4を提供している中では取引条件も良かったのでとても残念です。

    FXDDは今でも現役で使っている方はいるのかなってかんじです 笑

    1. 細野様

      ありがとうございます。

      そうなんですよね。なんだかんだで結局の所、
      見た目の取引条件を見て検討しますよね。
      で、値動きがない時は確かに FXTF もまあ悪くはないのだが…という感じで。

      しかし、平時でも時折バッドティックなんかをやらかしたりする業者でしたので
      今思えばそこで引き上げるべきだったのですが、
      なんだかんだでずるずると続けた結果、ドカンと一発退場+追証と。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれないコメントは無視されますのでご注意ください。 (スパム対策)